動画作成

【Mac対応】Canonの一眼カメラをzoom・Teams・Google Meetでウェブカメラとして使う方法

コロナの影響で仕事でもミーティングはオンラインでとか、飲み会もオンラインでとやたらとビデオ通話で人と接する機会が増えたと思います。今のノートパソコンはWindowsでもMacでもほぼ標準でカメラがついていて、それでオンラインビデオ通話をしてる方多いんじゃないですか?

でも、イマイチ綺麗に映らなかったり画面が暗くなってしまって嫌な印象を与えてしまうのでは・・

という方に!

日本が誇るカメラメーカーCanonnさんが応えてくれました!!

なんと、Canonの一眼カメラをWebカメラとして使えるソフトウェアを公開してくれました!

しかもPCとカメラをUSBでつなぐだけで使えちゃう優れもの。これを使えば、一眼カメラの美しい映像でオンライミーティングができて他の人と差をつけられますよ。

結論から言うとこのサイトでダウンロードできます↓

EOS Webcam Utility Beta ダウンロードサイト

今回はそのソフトウェアの使い方と使い心地を解説していきます。Zoomで使うのにちょっとコツがいるのでそのあたりも詳しく書いています。

この記事の内容

  • Canon一眼カメラをWebカメラとして使う方法
  • Zoom・Teams・Google Meetsでの設定

対応カメラ

公式が発表しているカメラは次の通りです。

EOSデジタル一眼レフカメラ

EOSミラーレスカメラ

PowerShotシリーズ

上記の機種の他にも僕が確認できたもので「EOS kiss X3」でも問題なくwebカメラ化できました。

他の機種でもダメ元でやってみるといけるかもしれません。記事内の映像確認はEOS 7D Mark IIにておこなっています。

 

ソフトウェアをインストール

対応カメラを所有していることが確認できれば早速ソフトウェアをインストールしましょう。

対応OSはWindows10・macOS10.13・10.14・10.15です。筆者はMacなのでMacでのやり方で説明していきます。

インストールするソフトウェアはEOS Webcam Utility BetaCanonUSAのページからダウンロードできます。本文は英語ですけど日本でも問題なく使えます。

(Beta版との事でもしかしたら動かない環境の人もいるかも・・・)

EOS Webcam Utility Beta ダウンロードサイト

上記のリンクから飛んだページの下の方にあるカメラの機種一覧の中からご自分の持っているカメラの機種をクリックします。

すると【EOS Webcam Utility Beta 0.9.0 for macOS】が出てくるので【SELECT】押して【DOWNLOAD】ボタンからソフトウエアが入ったzipファイルがダウンロードできます。

あとは、解凍してインストールするだけ。

インストール後、再起動を求められるので再起動すればもうCanon一眼カメラをWebカメラとして使える状態になっています。

 

Teamsで使う場合

ソフトウェアをインストールすれば、EOS Webcam Utility Betaを立ち上げたりしなくてもCanon一眼カメラを認識するようになっています。

USBケーブルでMacとカメラをつなげてTeamsを立ち上げて、右上のアイコン→設定→デバイスからカメラの項目を確認すれば・・・

選択肢の中に「EOS Webcam Utility Beta」が出てきています。

EOS一眼カメラとパソコンをUSBでつないでいれば、映像がきているはずです。

Teamsではこれ以外何も設定する必要がなく、一眼カメラをWebカメラとして使用できちゃいます

 

Google Meetで使う場合

Google Meetで使う場合の設定も簡単です。

というか設定自体いりません。カメラとPCをつないだ状態でGoogle Meetを立ち上げれば設定→動画の項目に「EOS Webcam Utility Beta」が出てきています。

選択してミーティング開始しちゃってください。

 

Zoomで使う場合

Zoomでオンラインミーティングをするとき多くの人がPC用のZoomアプリを使っていると思いますが、EOS Webcam Utility Betaが2020年5月31日の段階でまだZoomアプリに対応していません

なので、アプリでミーティングを開始しようとしてカメラを選ぼうとしても「EOS Webcam Utility Beta」が出てきません。

ですが、EOS Webcam Utility BetaはZoomでもちゃんと使えるんです。

ちょっとやり方を変えないといけないのでZoomサイトにログインして

設定→ミーティングにて(詳細)→「ブラウザから参加する」リンクを表示しますにチェックします

(ホストじゃない場合はホストに設定してもらわないといけません)

設定が終わったらミーティングを開始します。

zoom.usを開きますか?を【キャンセル】して【こちら】からミーティングに参加します。

(ちなみにMacのSafariはZoom未対応なので、ChromeかFirefoxを使ってください)

するとカメラ選択に【EOS Webcam Utility Beta】が出てきてCanon一眼カメラをWebカメラとして使用できます。

 

まとめ

Canon一眼カメラをWebカメラとして使える

しかも無料のソフトウェアをインストールするだけ

Teams・Google Meetでは細かな設定なし

Zoomの時だけブラウザでつなぐと使える

ちなみにですが、一眼レフカメラの動画モードの連続撮影時間は30分までですがWebカメラとして使うときの時間制限は無いようです。2時間連続でつないだ状態でミーティングできました。

 

 

スポンサーリンク

-動画作成

© 2021 BlackFox-blog